③遺言状支援

 遺言を作成することにより、自分の死後の争いを防ぐことができます。主に2つの種類の遺言が主流となっていますが、それぞれにメリット、デメリットがあり、状況に応じて適切な遺言方法を選んでいくことが重要となります。

メリット

デメリット

自筆証書遺言

→遺言者が、自分で「全文」「日付」「氏名」を自書して「押印」することが必要。

自分で書いて作成するため、費用がかからず手軽である。

紛失、偽造・変造や隠匿・遺棄の危険がある。

死後、執行の際し、家庭裁判所の検認が必要である。

公正証書遺言

→公証人と証人2名の立ち合いのもとに公証役場で作成される。

遺言の内容が実現される可能性が高い。

死後、執行に際し、家庭裁判所の検認を受ける必要がなく、すぐに執行できる。

作成に手間がかかる。

手数料がかかる。




 自筆証書遺言と比べると、家庭裁判所の検認不要で、遺言書の実現可能性の高い公正証書遺言の作成を当事務所ではおすすめ致します。